世界に先駆けてCO2直接回収装置を研究・開発するCRRAと業務提携へ

ITを活用した独自の栽培技術により高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業務を展開する株式会社Happy Quality(ハッピークオリティー)(本社:静岡県浜松市南区、代表取締役:宮地 誠)は、環境問題解決を含むSDGs達成へ向けてCRRA(シーラ:一般社団法人炭素回収技術研究機構、東京都江東区、代表理事・機構長 村木風海)と業務提携契約を結び、エコシステムの共創に向けた連携を6月16日より開始しましたことをお知らせいたします。

 

(本提携の背景)

Happy Qualityは、「農業の新しいStandardを作る」というビジョンのもと、農業における社会課題を、“テクノロジー”で解決するためデータドリブン農業の実践および研究開発を行っております。

一方、現在地球温暖化の深刻化により、政府は今世紀中に国内の1次産業に深刻な影響が出るという発表をしています。そのような中で、今回「地球を守り、火星を拓く」をスローガンに、CO2直接空気回収(DAC)技術や、空気中のCO2から石油代替燃料を製造する研究などに取り組んでいるCRRAと業務提携を締結することで、政府が掲げる2050年までのカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向けて、環境に配慮した循環型農業の構築を目指します。

また両社の有する経営資源を相互補完的に活用し、より強固な事業基盤を構築すると共に、新たな事業機会を創出することにより、企業価値の向上を目指し検討してまいります。

 

(主な業務提携の内容)

循環型農業の構築
CRRAは、2017年にCO2を直接回収する革新的な装置「ひやっしー」を開発。「ひやっしー」はボタン1つで誰でも簡単に空気中から二酸化炭素を集められる、世界初の“どこでもCO2回収装置”です。これを農業に応用して活用していくことで、循環型農業の構築を目指します。加えて、Happy Qualityが持つ農業化ネットワークを活用し、構築された循環型農業の普及を目指します。

〜「ひやっしー」について〜
CRRAが開発した、世界最小のCO2直接空気回収装置(Direct Air Caputurer)です。
「ひやっしー」で回収した二酸化炭素は、農業分野で肥料として活用されることも期待されています。実際に、「ひやっしー」を活用し、二酸化炭素濃度を通常の大気の2.5倍に上げたビニールハウスで育てた作物は3割も生産高が上がるという結果が出ています。加えて、光合成は糖質を作る作用があるため、農作物の光合成促進効果により、甘く美味しい野菜や果物の栽培を可能にします。

▼ CRRA社製 CO2直接回収マシーン「ひやっしー」

 

(今後の展望)

本提携を通じて、農業領域におけるCO2排出の削減に貢献し持続可能なグリーン社会の実現を目指します。

当社は世界に先駆けて、農業におけるデータドリブン・マネージメントを行ってまいりましたが、今後はさらに農業のデジタルトランスフォーメーション化(DX化)の加速が予測されます。そうした時代だからこそ、より農業の現場との密接な関わりを大事にしていきながら、地域そして世界的な「農業のスタンダード」となれるよう、社会価値のある事業展開を図ります。その上で、本提携をきっかけに、より持続可能な農業を通じた豊かな社会の実現を目指していきます。

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000053860.html

最新記事

すべて表示