業界初!『Hapitoma』が「ストレス緩和」の機能性表示を取得

弊社、独自ブランドトマトである『Hapitoma』が業界初となる、生鮮トマトにおけるダブル成分(GABA・リコピン)で機能性表示食品の受理、また「ストレス緩和」のヘルスクレーム(健康表示)受理をされました。

業界初!農業ベンチャーHappy Qualityの独自栽培手法を用いたトマト『Hapitoma』が「ストレス緩和」の機能性表示を取得

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届けられたもの。

 

機能性表示受理内容

【届出番号】 F357

【届出表示】 本品にはGABA、リコピンが含まれます。

GABAを28mg摂取すると仕事や勉強による一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されています。またリコピンを22mg/日摂取すると、血中LDLコレステロールを低下させる機能があることが報告されています。本品を200g(7~15個)食べると機能性が報告されている一日当たりの機能性関与成分の量の50%の摂取が可能です。

【機能性関与成分】 リコピン、GABA

 

『Hapitoma』とは

フルティカという品種をビックデータやAI技術等を用い、適度な水ストレスを与え、栽培した高品質トマトです。

独自開発した光センサー選果機により、一粒ずつ糖度・リコピン・形を計測・選別しており、リコピン含有量は通常の2倍、糖度は6度から10度のラインナップを用意しております。

 

Happy Qualityは、今後も「皆様の健康と農業界の発展」に貢献してまいります。

 

最新記事

すべて表示