データドリブン農業を推進する(株)Happy Qualityが「J-Startup CENTRAL」に選出

Happy Qualityロゴ

 

■J-Startup CENTRALとは

日本の産業の中心(CENTRAL)から世界に挑戦するスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供するため、経済産業省が推進するスタートアップ企業への育成支援プログラム。

https://nagoya-innovation.jp/program/startups/

 

 

■Happy Quality

業界初となる機能性表示を取得した独自ブランド『Hapitoma』を主力商品にAI灌水制御装置や光センサーを活用したHappyQuality式の栽培手法の構築を行い、「農業の新しいStandardを作る」というビジョンのもと、農家の減少や高齢化により匠の農業技術が失われるといった“農業における社会課題”を、“テクノロジー”で解決するためデータドリブン農業の実践および研究開発を行っております。

 

 

最新記事

すべて表示