シードラウンドにて(株)Happy Qualityが総額1億円の資金調達

Happy Qualityロゴ

 

Happy Qualityロゴ

シードラウンドにて「しんきん―やらまいか投資事業有限責任組合」(通称「やらまいかファンド」、無限責任組合員:信金キャピタル(株)、有限責任組合員:浜松いわた信用金庫)を引受先とする第三者割当増資により5,000万円、浜松市ファンドサポート事業より交付金5,000万円、総額1億円の資金調達を実施いたしました。

Happy Qualityは、静岡県で「農業の新しいStandardを作る」というビジョンのもと、農家の減少や高齢化により匠の農業技術が失われるといった、農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行っております。

現在、新規就農者が抱える課題として「所得が少ない」、「技術の未熟さ」という点に対して、市場流通や農学、テクノロジーといった専門知識を持つメンバーによる研究開発を重ね、ビックデータやAI、光学センサ等を用いて、高品質・高単価なメロンやトマトの安定生産、FC農家からの全量買取および品質保証による高単価販売を実現してまいりました。

 

資金調達の目的と今後の展開

今回の資金調達により、弊社と静岡大学が共同開発したAIの判断に基づく灌水制御システムの制度向上および製品化、さらなる品目での栽培実現や技術開発、普及促進など事業拡大に努めたいと考えております。また、国内市場のみならず、グローバル展開を視野にデータドリブン農業による課題解決に邁進してまいります。

 

投資家のコメント

やらまいかファンド  無限責任組合員

信金キャピタル(株) 代表取締役 山口和男氏

「しおれ・気孔開度を画像検知しAIによる自動灌水制御システムの開発」、「非破壊非接触で品質を可視化できるIR(赤外)センサの開発」など世界初の取組みにチャレンジしており、国や自治体の事業採択状況等から、当社事業の成長性および発展性は高いと捉えました。
また、各農家をフランチャイジーとする当社の事業展開は近年における農業人口の減少および高齢化といった問題の解決につながるため、当社のメイン取引金融機関である浜松いわた信用金庫が出資するファンドからの投資として、地域経済の発展に寄与するものとなります。当社の発展に大いに期待しています。

 

最新記事

すべて表示